とある旅の名前イメージ.

ガイドブックのカバーをはずしてみる。
そこに好きに旅の名前を書いてみた。

ギャルリ・キソウとしてはじめての企画展は
敬愛する3人の写真作家をお招きしての旅にまつわる写真展です。

情報と情報の点ではなく、
衝動と衝動の途切れない線。

3 人の旅をつき動かしているそんな感情=旅の名前をご覧いただければと思います。

今展に合わせてそれぞれが手がける書物も販売いたします。
生のプリントと本。
モノとしての寫眞の旅をお愉しみください。

ギャルリ・キソウは
手仕事作家のモノ、写真作家のモノ(プリントや書籍)、
イラストや造形作家のモノを中心に扱うギャラリーです。

「手から産まれる豊かなモノ」を暮らしの中へ。




〇 開催日
2016.02.22(mon) – 03.06(sun)
open : 12:00 – 20:00(最終日のみ18:00)
水曜休廊

〇 開催場所
GALERIE KISOU

〒542-0081
大阪市中央区南船場3-7-15 
北心斎橋サニービル西側B1
tel : 06-6282-5533


〇 作家
濱田英明 濱田英明

1977年 兵庫県淡路島生まれ。大阪在住。
2012年、35歳でデザイナーからフォトグラファーに転身。2012年、写真集『Haru and Mina』を台湾で出版。世界中で写真展の開催に至るなど話題を呼び、国内ファンからの期待に応えるかたちで2014年日本でも発売。『KINFOLK』(アメリカ)や『THE BIG ISSUE』(台湾)など国内外での雑誌、広告など幅広く活動中。



西山勲
西山勲

福岡市を拠点に活動する編集者・写真家・グラフィックデザイナー。2013年に世界のアーティストの日常をドキュメントするビジュアル誌
『Studio Journal knock』を創刊。旅をしながら取材し、編集・制作発行まで旅先で行い、これまでタイ・カリフォルニア・ポートランド・中南米・ヨーロッパと5タイトルを発行。主な仕事として雑誌「TRANSIT」「LUKETH」書籍「月極本」(YADOKARI出版)など、撮影・編集・デザインまで手がける。





norito
NORITO

香川県出身。2013年より世界各地を車で巡るロードトリップに出る。ローカルエリアを中心に人々の営みや日常風景を写真に収め、世界のライフシーンを綴ったビジュアルトラベル誌 LUKETH [ルークス] を発刊。現在は二号目を制作中。2015年にはインドのラージャスターン地方を巡った旅をテーマに、東京/神戸にて巡回展を実施。今後の旅模様についても、本誌や個展にて随時発表を予定している。





<作家在廊予定日>
3/5 : 濱田英明 / 西山勲 / NORITO
3/6 : 西山勲 / NORITO


※在廊予定は急遽変更する場合もございます。ご了承ください。
 また5日は17時よりトークイベントが開催されます関係で、16時頃までの在廊予定となります。
 (トークイベントは定員の為、受付は終了致しました。沢山のご希望ありがとうございました。)