日々の風景

夏霞の余室

2019.7.28 〜 2019.8.31

星が流れた先のゆくえは
虹の終わりにも似て
儚さの残像が
霞のように降り積もる

小さな日々は
瞬く星屑
流れても流れなくても
記憶に遺して
足元の位置を知る
明日また
出逢えるだろう 光と巡る

————————–

企画展のない常設での卉奏「余室」。
“余”には 余分なものを越えて残る、自分という意味などがあります。
余白を持ち帰り、それぞれの暮らしに繋いでもらいたいという想いをこめて。

大きな企画展はしばらくお休みとなりますが
星のように点在する夏のかけらを見つけに
ぜひいらしてくださいね。

これからの展示