アクリュ企画展「寫眞と日々と~寫眞と寫眞道具展」

hibi18

寫眞を飾る。
寫眞を持ち運ぶ。
寫眞を遺す。

ロケットペンダントに家族写真のアルバムやフォトフレーム、
じっくり手と想いを一枚にかけて創られる寫眞作品。
あえて古い漢字を使っていますが、
「モノ」として大切にされてきた特別なシャシンの価値観を
今の写真作品、今のモノヅクリを通してお伝えできればと思います。

暮らしのそばに大切な寫眞を。
寫眞作品と寫眞道具の展示になります。

[展示会場]アクリュ

[展示期間]12/10 ~ 12/29 ※月・火お休み

[寫眞作家]
村松桂(寫眞/書物)
菊地和歌子(寫眞/書物)
松元康明(寫眞/書物)

[寫眞道具]
アクリュ(ウッドフレーム、新作のカメラミニトート、「写ルンです」の革ケース、革の寫眞帖、革のフォトスタンド/ケースなどの受注会を行います。)