ブリュット・レザーリングカバーの取り付け方

ショルダーカメラストラップ「ブリュット」のカメラストラップの取り付け方をご紹介いたします。
※現在は販売を終了しております「ルバート」「ホースハイドのワイドストラップ」をお持ちの方も取り付け方は同じですので、ご参考にしてください。
併せましてレザーリングカバーの取り付けもご参考にしていただけたらと思います。

アクリュでは、実際にカメラに取り付けることを想定した順序で、テープを通した形でお客様のお手元へ送りだしています。
購入後に左右両方を一度に解いてしまうと、取り付け方が分からなくなってしまう可能性が高いので、片方ずつ、片方を解かずに見て通す順序を確認しながら取り付けてください。

まずは、ご自身のカメラの取り付け部分の形状をご確認ください。

カメラ取り付け部

写真右のような平型取り付けタイプの場合は、Step4からご覧ください。
写真左のような凸型リング取り付けタイプの場合は、
まずリング(別売またはお手持ちのもの)をStep1~3までの手順で取り付けてください。

【Step1】
まずはリングとリングカバーを取り付けます。
写真①のように、凸型取り付け部分を穴から飛び出させてレザーのカバーを当てます。写真②

【Step2】
レザーのカバーの中心から凸部分を出し、その上からリングをねじ込みます。写真③

【Step3】
このような状態になって、テープを取り付け開始です。写真④

【Step4】
まずはテープを一度解き、プラスチックアジャスターと革バンドを通したあとに、外側から内側へむけてカメラへテープをリング(と革カバーの穴)に通してください。

【Step5】
テープをリングの向こう側まで通したら、革バンドの中をもう一度下から上へ通してください。

【Step6】
もう一度プラスチックアジャスターの上から下へと通します。
(最初に通してあるテープの裏側に通してください。)

最後に、余った先端を、中心に入れ込み、革バンドで3本をまとめるカタチになります。

※こちらの取り付け方は落下防止のため、ずれ落ちにくい方法をご紹介していますが、
使用状況によってはゆるみが生じる可能性があります。
定期的にゆるみがないかチェックしていただき、固定するプラスチックパーツをなるべく上の方で留めていただくよう、宜しくお願いします。