村松桂寫眞展「FLUCTUS」がはじまりました。

本日よりギャルリ・キソウ企画展、村松桂寫眞展「FLUCTUS」がはじまりました。

布のドレープが見せる波や襞をテーマにした作品展。
音の波、色の波、光の波、感情の波、
身の回りにいつもまとっている様々な波が視覚化されたような風景が
並んでいます。

この展示に合わせて製作された書物(サイトヲヒデユキさんデザイン)も届きました。

銀刷りがとても美しく、今展のテーマでもあるドレープの波にうねりを与えています。

その他にも村松さんがいままでに製作された本や寄稿された本のコーナーも。
展示のたびに本もつくられている村松さんですが、
作品はもちろんモノとしての質感や装丁も素晴らしいです。

会期は4.29(土) – 5.14(日)となります。
※月・火休廊
※4/29(土)、4/30(日)、5/12(金)、5/13(土)、5/14(日)は
作家在廊予定です。

世界の終わりのようで世界のはじまりのようでもある。
重なる布のドレープが産み出す村松桂の美しい世界をご覧くださいませ。

ギャルリ・キソウ シノハラトモユキ