「アクリュ寫眞ラボ」 キナリクラスについて

9月~12月まで開講予定の「アクリュ寫眞ラボ」では
現在受講生を募集しております。

カリキュラムの中に盛り込まれたたくさんのヒントの中から
「自分らしさ」とは何かを「考える」「選択する」ための
必要なチカラを身につけていく写真教室です。

今回は募集のキナリクラスとメクルクラスから
キナリクラスの内容についてより詳しくご案内したいと思います。
興味をお持ちの方、受講を迷われている方はぜひ
ご参考にしてみてくださいね。

● kinariクラス ●

Acru は「Acanth&Ecru(トゲと生成り)」という
二つの言葉を混ぜ合わせて生まれた名前ですが、
Ecruの意味から名前を取った「kinari」のクラスでは、その言葉のように「あなたらしく」
まっさらな心で写真の入り口を開けてほしいという思いを込めました。
カメラは持っているけどオートでしか撮っていない・もう少し基礎知識を増やしたい人へ向けた入門編であり、写真ってこんなに楽しい!が詰まったクラスです。

このクラスの特徴は2回の撮影会。
1回目にあるのはアクリュアトリエでの撮影会。
手仕事の場を、職人の話も交えながら撮影します。
自由に撮った写真をその場で講師のアドバイスを受けながら
撮りたいものの表現の仕方を見つけます。
アトリエはたくさんの被写体に溢れており、
またモノヅクリや様々な工具などがお好きな方はそれも含めて楽しんで頂けます。
この日撮ったみなさんの写真をアトリエでもいつも拝見させて頂くのですが
見慣れた工具たちも違う目線からみる面白さや、仕事する手元、
自分のこんな姿をいつ撮られてたのか、なんて盛り上がります。

また、キナリクラスでは自分のお気に入りの写真を飾るための
アクリュオリジナルの革フレームのオーダーができます。
壁掛け用と立て掛け用の2種類より、お好きなものを二つ、
本体カラーやステッチの色などをお選びいただけます。
なかなか写真をプリントして飾ることが無くなっている時代ですが、
紙にプリントした写真はやはりとてもいいものです。
手に取って眺めることのできる「モノ」となった写真。
実際に自分の気に入った写真を、その写真に合わせたフレームの色でコーディネイト。
枠の色が変わるだけで、見え方が変わることも学べます。
そして撮影会で会った職人がフレームを仕上げ、
授業の最終日にお渡しとなります。
4か月のクラスが終わるとき、きっと思い入れのある1枚となるはずです。

キナリクラスは特に、アクリュの写真教室だからこその内容で
写真だけにとどまらずに、写真がもたらす大切な暮らしの時間を
感じていただけるのではないかと思っています。

今回のクラスで最後の募集となりますが
これまで迷われていた方もいらっしゃるかと思います。
ぜひ最後のこの機会に、ご参加いただければと思います。

詳しいカリキュラムや日程につきましては
「アクリュ写真ラボ」キナリクラスのページをご覧くださいませ。

また、メクルクラスにつきましては
こちらのブログをご参考にしてくださいね。

ほし