「365 for ノートカバー」が発売になりました。

アクリュショップでは先行して販売しておりました
365 for ノートカバーのベルテッドタイプフラップタイプがオンラインストアでも発売となりました。
自分の手で日々を創作する素晴らしさの探求から産まれたノートカバーです。
それぞれのサイズやデザインの特徴をご紹介していきたいと思います。

<サイズのこと>

A6サイズ(左からほぼ日手帳オリジナルサイズ、ゲーテの詩集の文庫本、白い本)
※白い本は表紙の厚みがあるため装着はきつめですが、一度装着すると馴染みます。

ウォレットサイズ(ほぼ日手帳WEEKS)

A5サイズ(左からRHODIA ウェブノートブック A5サイズ、ほぼ日手帳カズン)

<デザインとカラーのこと>

こちらはサビイロ(ブラウン)のベルテッドタイプ。
上からA6、ウォレット、A5サイズになります。
※ブラウンのサビイロは革が希少なためなくなり次第終了となります。次回ロット分はチョコのサビイロになる予定です。

背面はアクリュのコンセプトワード「Acanth & Ecru」(キナリの自分と一刺しのトゲを)の刻印がワンポイントに。

こちらはモノクロ(グレー)のフラップタイプ。
上からA6、ウォレット、A5サイズになります。

中身を包み込むデザインでペンなど大切なモノを守ってくれます。

<革のこと>

カバーの主役の革はKUDU。
あまり馴染みがないかもしれませんがウシ科でありながら鹿のような大きな角を持った動物です。
過酷な自然環境で生きてきたのでしょう。傷がたくさんあり、個体差も激しいです。
本当はオンラインストアで扱うモノとしては1つ1つ表情が違い不向きなのかもしれませんが、
私たちはこの生きた証をとても愛おしく感じてアクリュらしいなと採用することになりました。
革の特性にご理解のある方に愛用いただけるとうれしく思います。
革のお話はぜひこちらのコラムもご覧くださいね。

左:出来立ての365  右:デザイナーシノハラが半年ほど愛用した365
ヌバック調の細かい毛羽立ちが抑えられ、繊維がつまった質感に。色味も深くなりました。

日々愛用するものなので手に馴染むフィット感にこだわりました。
もっちり柔らかく、ずっと撫でていたくなる質感です。

2つのシオリは視認性を高めるためカタチが違いますが、
革もラクダ(左)と馬(右)で変えています。
(実は1つのカバーに4つの動物が潜んでいます。)

<オプションのこと>

基本仕様ではポケットはありませんがオプションで
カードポケット(左)、チケットポケット(右)を追加することもできます。
写真ではカードサイズのマスキングテープやスリムなペンタイプの消しゴムを収納しています。
たくさんモノを入れると段差もできますので、
書き心地派はポケットなし、マスキングテープを多用したり名刺やカードも収納したい機能派にはポケットありがおすすめです。

<手仕事のこと>

ご注文をお受けしてから職人が1つ1つ手仕事で製作します。
今はボタン1つですぐに手元に届く時代ですが、なるべく革を無駄に使うことなく、
ひとつひとつオーダーいただいた方の顔を想像しながら丁寧にお作りしたく、このような創り方を続けています。
お時間を頂戴しますが楽しみにお待ちいただければと思います。
365日、自分らしい日々が産まれますように。

創作家 篠原智之

「365 for ノートカバー」ベルテッドタイプのページはコチラ
「365 for ノートカバー」フラップタイプのページはコチラ