旅色のモノヅクリ~バラスの旅人のこと

ba20

小さな小さな無人島。
西表島から船に乗ってすこしの場所にその島はあります。

サンゴの欠片だけでできた真っ白な砂浜。
波音を聞きながら本を読むブルネットの少女。

大好きな蒼が幾層にも重なる海。
こんがり焼けた昼寝する旅人。

なにもないことがあるという贅沢。
心を解放してくれる奇跡のような島。

そんな旅の風景で見た色をモノヅクリに落とし込みました。
革を手掛けるタンナーさんにバラス島で撮った写真をお見せするところからはじまった革づくり。
結果、納得のいく色味に仕上がった革はたった1枚づつでしたが、
旅への情景がぎゅっとつまったこだわりのカメラストラップが出来上がりました。

「2016バラスの旅人」オンラインページ。
ぜひご覧ください。
※今回、各色1枚かぎりの革からお作りしております。
カラー、アイテムによってはすでに品切れのものもございますのでご了承くださいませ。

ba15_2

デザイナー シノハラトモユキ