ギャルリ・キソウ企画展

松元康明 寫眞展「ghost sits in the memory」

2016.9.7 〜 2016.10.2

eye

風景、物、風、光、匂い、空気の湿り気。
そういったふとしたきっかけが、僕達の記憶を誘拐し、
一瞬にして懐かしいあの時へ連れて行ってくれる。

おじいちゃんが海賊を夢見ていた少年だった頃の風の心地良さ、
お母さんが遠い国のお姫様だった頃の家の塀の果てしない高さ。

そんな記憶のカケラ達を、僕は”ghost” と呼ぶ。
とても優しくて愛おしい、大切なおばけ。

会おうと思って会えるものではない。
それは思い出の中に潜んでいるものだから。

それは遠い日に在った家族の風景だったり。
刻むことをやめた振子時計の心臓だったり。

朽ちながらも遺されてきた記憶の断片を濡れたガラス板に写し取る。
さながらシャーマンのような不思議な寫眞家の儀式のはじまり。

彼が呼び出した愛しき”ghost” たちは
私たちのどこか深いところに置いてきた記憶をもかき撫でる。

ガラス板に宿したモノクロームの記憶に潜む何か。
「モノ」としても美しい松元康明による湿板寫眞の世界をぜひご高覧くださいませ。

〇 開催日
2016.09.07(wed) – 10.02(sun)
open : 12:00 – 20:00(最終日は18:00まで)
月・火曜休廊
9.19(月)は祝日のため営業、9.21(水)を振替休日とさせていただきます。

※9/11(日)に松元さんによる湿板体験ワークショップを開催致します。

大切な思い出の中に潜む記憶のカケラたちを松元さんは‘ghost‘と呼んでいます。
それぞれの暮らしの中にある愛しくて大切な‘ghost‘を湿板写真に。
ちょっと不思議な写真体験を通じて大切な写真づくりを楽しみましょう。
詳細につきましては、こちらのブログをご覧くださいませ。

〇 開催場所
GALERIE KISOU

〒542-0081
大阪市中央区南船場3-7-15
北心斎橋サニービル西側B1
tel : 06-6282-5533

〇 作家

松元康明

1976 年生まれ
San Francisco Art Institute 写真学科卒
帰国後は東京をベースに
フリーランス・フォトグラファーとして国内外で活動中。

[ 主な受賞]
2013 年 Lucie Foundation IPA International Photo Awards – Fine Art/ Still Life 部門 金賞
2015 年 PX3 PRIX DE LA PHOTOGRAPIE PARIS – Professional Fine Art 部門 金賞

[ 主な個展・グループ展]
2003 年 “Reflecting Buddha Exhibition” – Pasadena Museum of California Art, LA – U.S.A.
2010 年 SEOUL PHOTO – Coex Hall, Soeul – Korea
2012 年 “in-visible-land” – Roonee247Photography, 東京
2013 年 “STORIES, MEMORIES + HISTORIES” – Center for Fine Art Photography, Colorado – U.S.A.
2014 年 “past time kingdom” – Roonee247Photography, Tokyo
2015 年 Art Basel Hong Kong – Marco Polo Hong Kong Hotel & Studio HA! – Hong Kong
2015 年 International Photo Project – Fondo Malerba per la Fotografia, Milan – Italy
2015 年 “Installation” – 千葉市立美術館