ギャルリ・キソウ企画展

「卉の詩(キノウタ)」

2016.10.22 〜 2016.11.13

kinouta


名前を忘れられた小さな森が在る。
誰もが行き来していたなつかしいあの場所に
今もなおその森は在る。

風にまぎれて運ばれる何かの詩の断片。
それは祈りのようで、星屑のようで、
手のひらでかき集めてはみるものの
耳元の手前、ひらひらと落ちていく。

草木のすきま。
記憶のどこか。
見え隠れする音符を追って森の深部へ。

※「卉」はもろもろの草のこと。
ギャルリ・キソウ(卉奏、卉創、卉装)の
名前の由来でもあります。
作家それぞれの深いところにある秘密の森。
そこでみつけた森のかけらをテーマにキソウに
特別な森をつくります。

卉の詩イメージイラスト:akira kusaka

森の在る日

2016.10.22(sat) – 11.13(sun)
open : 12:00 – 20:00(最終日18:00まで)
※11/5(土)音楽会開催の為16:00までとなります。
月・火曜休廊

森の在る場所

GALERIE KISOU
〒542-0081
大阪市中央区南船場3-7-15
北心斎橋サニービル西側B1
tel : 06-6282-5533

森の住人

篠原創意研究所(森屑の標本室)
k.fleurs(草花のアトリエ)
repair(絵と音と言葉のユニット)
cotoyo matsue(花糸のアクセサリー)
DECO+jeu(有機的な鉄ものとアクセサリー)
poppyseeds是枝錬太郎(森々のお守り)
shiica (身に纏うものの創作、詩と歌)
lemon tree (針金)
ほし(紙言 kamikoto)