Acru は「Acanth&Ecru(トゲと生成り)」という二つの言葉を混ぜ合わせて生まれた名前ですが、「toge」のクラスはAcanthの意味から名前が由来しています。
トゲ、それはちょっとした刺激ある人生のスパイス。
togeのクラスでは写真表現の本質やちょっと苦しいけどその奥にある充実感をともに歩んで行ける人たちと一緒に写真を考え、授業の最後には写真展を開催します。
自分の心と、そして作品を見る人の心にもトゲ(刺激・引っかかり)を残すような作品作りを目指します。 授業が終わってからも自ら考え作品作りを続ける力をつけるクラスです。

こんな方におすすめ
・作品の品質をさらに高めたい、作家活動を本格的にスタートさせたい方
・展示経験はあるけれど、写真表現をもっと追求したい方。
・今後個展の開催やコンペなどへの参加を考えている方。





lesson 1 講評(作品の方向性)、「表現する」と「販売する」を考える  
写真で表現するためにはどんなことを考えれば良いのでしょうか?たくさんの人が「いいね」という写真だけが良い写真なのでしょうか?約半年後の写真展で何を表現したいのか、自分の写真を考えることをスタートさせましょう。
lesson 2 写真史から社会性を見つける  
19世紀に始まった写真は、いまやシャッターを押せば誰でも写真が撮れるようになりました。写真史を通じて様々な写真家や表現方法などを知ることで、社会にあなたの作品がどのように関係していくのかを考えるきっかけにしましょう。歴史に登場する写真は解説を聞きながら写真集を見ることができます。(写真集ビューイング)
lesson 3 講評(コンセプトの決定)、ディスカッション(表現とは)  
写真展へ向けて実際に展示する作品の道筋を見つけていきましょう。コンセプトに沿った写真のセレクトは、選んだものが少し違うだけで表現したいことの伝わり方は異なってしまいます。一緒に写真を見極めていきましょう。
lesson 4 個別ミーティング  
作品制作に向けて、不安なことや悩みなどを具体的に解決していくためにお一人ずつと講師が写真についてじっくり話す時間を設けます。お一人30 分~1 時間程度の時間になりますが、人前では話しづらいことやささいなことなどなんでも話してくださいね。
lesson 5 額装・プリントから「見せる」を考える  
写真はフレームやマットの余白による見せ方が違うだけで、伝わってくる印象は大きく異なります。どのようなイメージで見せたいのかサンプルを使ってシュミレーションしましょう。またアウトプットの選択肢を広げるために、アナログプリント・デジタルプリント・オルタナティブなど様々な手法で作られたプリント作品を実際にビューイングします。(アナログとデジタル、オルタナティブ、展示手法の考察)
lesson 6 講評(作品全体の確認)、ディスカッション(作家とは)  
ギャルリ・キソウのスタッフを迎えて、ギャラリー目線での作品レビューを行います。第3者が見たときに、あなたの作品から伝わってくるものは何か、作品と呼ぶにはどんながことが求められるのか、ギャラリーから客観的に見てもらうことで作品のクオリティーを高めていくヒントを見つけましょう。(ギャラリーレビュー)
lesson 7 テスト作品でクオリティーを探る  
2017年の展示に向けて、課題として額装制作した作品を講評します。プリントの状態や作品としての価値など、販売するクオリティーに達しているかをチェックし、細かい修正を見つけて完成へと近づけましょう。(額装作品による試作品講評)
lesson 8 講評(セレクトと価格を考える)、ディスカッション(作品とは)  
表現したいことを確認しながら、写真セレクトや写真の見せ方についてさらに深め、作品の価格も検討しましょう。展示方法・プリントサイズなど細かいところまで一緒に考えていきましょう。
lesson 9 展示販売に向けての打ち合わせ  
1ヶ月後の展示に向けて作品の最終確認をします。1月は講師と、2月はギャラリーと、2回打ち合わせの時間を設けていますので、品質や価格などまだ決めかねている点について見直す時間にしてください。
exhibition 写真作品をモノとして提案する  
日常に豊かなモノを取り入れる。それは忙しく時間に追われる日々の中で、一息ついたり些細なことに幸せを感じるような、そんな一瞬に似ています。写真作品を通じて、そういった価値のあるモノを自分の手で生み出し作り上げ提案した経験は、必ず成長する機会となり今後の制作を続けていくための大きな力となります。








5/21(土)
6/18(土)
7/9(土)11:00~
8/6(土)13:00~16:00
8/20(土)15:00~
9/17(土)
10/8(土)
11/12(土)
12/10(土)


※5 講目以降は日程の変更の可能性があります。
※個人ミーティングは一人1 時間程度を予定しています。
※展示に向けての打合せは受講生の皆さんの進行状況を考慮し、日程を決めます。

次期クラスの募集に向けて準備中です。

※写真展開催は2017年3月13日~3月19日と2017年3月20日~3月26日を予定しています。






¥41,020(ギャラリー使用料・DM 代込み)






写真教室に通うことを話したら友達に少なからず「今更?」という反応が戻ってきた。
以前から写真の展示発表を少なからず経験してきたからだと思うのですが自分では展示をするたびに失敗や、「こうすればよかったか」という気持ちを感じてきたので「展示をするための写真教室」というのはとても興味深かったのです。
いざ通いだしてみると毎回楽しくも本当にクタクタになりました。
教室メンバーのそれぞれの写真を大量に見る(多いときは50枚くらい)、ということはその人の感性感覚、思考、そして指向性をそのまま受け止めることになるのでとても濃密な時間だったと思います。
写真を組む、見せる、ということはこんなにも大変なのかと思うのと同時にそれに見合ったキャプションを考えるのも本当に正直大変でした。
大変、大変、というと本当に辛い教室だったかというとそういう訳ではなくメンバーにも恵まれ、とてもいい時間を過ごせたと思っています。
今までよりもう少し深く自分の写真と向き合える教室だったと思います。

(togeクラス Sさん)



季節のままに撮り続けるなかで、自分のなかにできた疑問。それをどうやって解決しようかと考えていました。
そんなとき目に留まったのがtogeクラスです。
選んだ理由は、『表現を学ぶ』クラスだったから。長く続けるなら必要だなと、感じたのです。
通いはじめて最初の壁は、他人の写真を組むことでした。それぞれに持ち寄ったかなりの枚数から、
自分なりのストーリーを見つける。
互いに感想を伝えたり聞いたりすることで、表現のバリエーションは、こんなにもあるのかと考えさせられました。
また同時に、自分の写真を客観的にみることの大切さを学べたことが何より大きかったです。
多くの人は写真教室へ通うと聞くと、上手くなりたいからだと思うようです。
でもこのクラスで出会った仲間は、そうではなかった。
だからこそ最後まで一緒に、やり遂げられたんだと実感しています。

(togeクラス Fさん)



企画展やグループ展には何度も参加してきましたが、なんとなく撮って気に入ったものを展示していました。
今回トゲクラスに参加して、展示する写真のテーマ、写真の選び方、組み方、見せ方、展示に関するすべての部分で、
今まで何にも考えずにやってきたんだなと愕然となりました。
トゲクラスに通ったことでいっぱい気づけたことがあり、
手をかけ、こだわって表現した作品はその分反応が返ってくるという実感もありました。
展示までの道のりは大変でしたが確実にプラスになりました。

(togeクラス Tさん)