「日々と謳う」限定ボノについて

カメラバッグ・ボノの限定製品「日々と謳う」

〈色のこと〉
niiro(ブラウン)、kogare(チョコ)、yowa(ネイビー)の3色。

niiro《丹色》丹色は赤土の色を表す言葉で、また丹の字には「ありのまま」という意味もある。手をかけて育てていく過程も楽しんでほしい。
kogare《木枯》木は長い年月を経て枯れていきますが、枯れゆく様も美しい。
yowa《夜半》夜の空という意味の夜半。同じ夜でも毎日違うように使う人によって見える風景も変わっていく。

※こちらのボノはなくなり次第終了となります。
(yowaは残りわずか。)
店頭でもご覧いただけます。
特にシボ多めをお好みの方はぜひお店にお越しください。



〈革のこと〉
オイリーでシボの豊かな牛革をつかったボノ。
使い込むほど色は深まり、艶やかに。




niiroのエイジングサンプル(右→エイジング後)


〈収納力のこと〉
パーテーション3つをH型に組んで収納してみました。
アクリュの中では一番大容量のバッグで、
自由に仕切れるパーテーション(ひとつは付属しています。)を使いこなすことで使い手に合わせた間取り?の部屋をつくることができます。

こちらの参考写真では

フルサイズ一眼レフ(5D)
ライカM
レンズ×2
ipad
アジェンダカバーバイブルサイズ
アジェンダカバーM5サイズ
財布

を入れてみました。

〈底鋲のこと〉
ボノの底には金属の鋲を打っています。
衝撃を和らげ、汚れもつきにくくなります。また底面にはしっかりした芯材を使っているので、カメラを安定した状態で持ち運べます。

 

 
 

卉奏のopen dayは
11(土)、12(日)、13(月)、
※17日はディナーも楽しめる19時からの夜営業
※18日19日24日25日26日は予約制のアポイントデーとなっておりますので、もしご来店をご希望いただけます場合は
https://acru.jp/appointment こちらよりご連絡くださいませ。