カメラストラップ「カシェ・バナーヌ×PENTAX67」が発売になりました。

アクリュのカメラストラップの中では一番幅広でクッションたっぷりの
「カシェバナーヌ」。
現在、店頭のみのお取り扱いとなりますが、この度オンラインストアにて
「カシェバナーヌ×PENTAX67モデル」が数量限定で発売となりました。

どのあたりが専用モデルかと言いますと
通常モデルのカメラストラップの先端テープの幅は10mmですが
こちらのモデルはPENTAX67に合わせた15mm幅のテープを使用。
アイレットの中で遊ばず、ねじれや型崩れを防ぎます。

ショルダーパッドはバナナ型にカーブしていますので、
ボリュームがありながらも身体に自然に沿うように設計されています。
2キロ以上のカメラを長時間持っても肩への負担が少なくなるように内部にはクッション材がたっぷり。

斜め掛けでも前掛けでも身体にフィットします。

お色はブラックとチョコの2色。
こちらのモデルは当面再販の予定はございませんので気になる方はこの機会にご検討くださいませ。

ここからは私的な67話です。
はじめての富士山の登山でどうしてもPENTAX67をかついでいきたい…
なるべくライトウェイトなトレッキングが主流な中、はじめての富士山といいますかはじめての登山で今考えても無謀な挑戦(よくばりすぎてほかにも3台ほどカメラを持っていっていました。)だったのですが、このカシェバナーヌで67かついでなんとか登頂することができました。
はじめての登山ではおすすめしませんが笑。

そのときの写真がこちら。
地上との気温差30度ほど、
晴れたり、曇ったり、嵐だったり、
1日で1年の季節を通り過ぎたようなすべてが美しい時間でした。